基本理念

みのり監査法人トップページ    基本理念

基本理念

農業協同組合やその他の事業体・組織に、
監査業務やアドバイザリーサービスを提供することで、
我が国の地域社会の持続的な発展に貢献します。

これまで培った知識と経験を基礎に、
職業的倫理観にもとづく、社会および依頼人の皆さまとの
より一層の信頼関係の構築につとめます。

誠実な専門家集団として、
公表される財務書類等の信頼性を確保することにより、
公正な社会の実現に寄与することを使命とします。

私たちの行動指針

私たちは「誠実」に業務を遂行し、「謙虚」な姿勢で、皆様の「信頼」を得られるように行動してまいります。

コーポレートロゴマークの由来

法人名であるみのりの頭文字「M」を「円(縁)」を重ねて表現、「人(間)」を形成しました。
私たちの監査のお仕事と地域社会が交わるところに、新たな可能性が生まれることを目指して、その想いをロゴマークに込めました。

コーポレートロゴマークの由来

品質管理担当理事メッセージ

私たちは、全国の農業協同組合および農業協同組合連合会の会計監査(以下、「農協監査」といいます。)を担うためにみのり監査法人を設立しました。高品質な監査業務を提供することを法人設立にあたっての最優先の目標として掲げ、当法人の特徴を生かした品質管理体制を構築し運用して参ります。  

当法人の監査先は、全国各地に所在していることから、各都道府県監査部を設置して監査業務を提供する体制としております。
また、本部と各都道府県監査部との円滑な情報連携等を通じて、監査品質の向上に向けた施策を浸透させ、法人全体としての一体運営を実現することが、高度で均質な監査業務を提供するために不可欠であると考えています。
このため、公認会計士として国内大手監査法人での豊富な監査経験を有する社員(パートナー)がリーダーシップを発揮して、各都道府県監査部を指導・監督する体制を構築し運用してまいります。
加えて、農協監査に注力する当法人においては、監査における事業上のリスクを的確に把握し、適切なリスクアプローチに基づく効率的・効果的な監査を実施するために、公認会計士と農協監査士が適切に連携することが重要であると考えています。
実際の農協監査の現場では、各都道府県監査部を担当するパートナーが、監査計画の策定から監査意見の形成までの監査の全局面において、監査責任者として農協監査士を直接、指導・監督し、監査調書の査閲等を徹底することにより、監査の現場力を高め、監査品質の確保・向上を図ることとしています。
このようなパートナーによる監査の現場力強化に向けた取組にあたっては、法人全体としての厳格な審査の実施や、品質管理本部による定期的な検証と、教育・訓練に関して全国を横断的にサポートすることにより、法人全体として監査品質の均質化を実現します。
また、品質管理本部には、品質管理、監査実務、会計実務、教育研修及びITの各委員会並びに金融・厚生・経済の部会から構成される専門委員会を設置し、パートナーにはいずれかの委員会に所属することを義務付けることで、パートナーの一人ひとりが法人の品質管理業務へ主体的に関与することを求めています。  

品質管理システムの整備・運用は、当法人のパートナー全員で取り組むべき課題であるという認識の下で、社員各自がその専門や役割に応じてリーダーシップを発揮し、職員と一丸となって監査品質の維持・向上に向けて取り組んでいきます。  

 これらの取組みを通じて、当法人は会計監査人として信頼される監査業務を全国の監査先にご提供させていただきます。