理事長メッセージ

みのり監査法人トップページ    理事長メッセージ

皆様に

2020年、世界中でのコロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにみまわれた中、監査業界は、期末監査の最大の繁忙期と初めての大混乱期が重なるという難局に直面しました。そうした中、監査先組織の皆様に深いご理解とご協力を賜り、大きな混乱もなく期末監査を終えられましたこと、改めまして御礼申し上げます。

さて、このコロナ禍の影響はまだまだ続くものと考えられ、今後はウイルスと共存していくニューノーマルへの対応が求められています。当監査法人においても、感染リスクを最低限に抑え、国民の義務としてとして医療崩壊の阻止に全面的に協力すると同時に、当監査法人職員はもとより、監査先の皆様の健康と安全を守ることを常に最優先してまいりましたし今後もその方針にいささかの変化もありません。その上で、当監査法人が社会から付託されている、監査を通してJA系統組織の信頼を守るという責務を、従前どおりかつさらに効果的に果たす所存です。

今後3つの施策を推進してまいります。

1つ目は、テクノロジーの進化への対応です。社会環境が激変する中、監査先の事業運営に関しても、私どもの会計監査に関しても、今までの延長線上ではなく、速度あるデジタル化の進化が求められています。当監査法人は、系統組織の改革の先導的な変革を示しうる監査業務を推進できるようさらに努力を重ねてまいります。

みのり監査法人は、さらなるデジタル化を推進し、業務の変革、高度化と効率化の同時両立を果たしてまいります。

2つ目は、みのり監査法人が「船出」から「巡航速度」での運営にスムーズにかつ速度感をもって対応してまいることです。業容も陣容も骨格は完成しました。これからは、監査法人として社会からの期待に応え続けていくために、何が求められているか、何が期待されているかを模索し、それを実現すべく実行してまいります。

みのり監査法人は、常に全力で努力してまいります。

3つ目は人材育成です。どのような組織も根幹となるものは人材です。テレワークが普及した現在も、人と人の信頼、組織と組織の信頼が、最も大切であることは変わりません。引き続き、人材育成には経営資源を傾けてまいります。

みのり監査法人は、社会に有意な人材を提供できる組織であるよう努力いたします。

当監査法人は高い倫理観と誠実な姿勢で、デジタル技術を取り入れ監査業務の提供と人材育成を2大経営目標として、社会に貢献してまいりたいと考えております。

みのり監査法人
理事長
大森 一幸

経歴
兵庫県出身
1978年 早稲田大学政治経済学部卒業
同年 公認会計士第2次試験合格後、監査法人である朝日会計社(現有限責任あずさ監査法人)入所
品質管理本部長等主に監査業務の品質管理を担当
2017年 みのり監査法人設立に参画し理事長就任(現任)
早稲田大学大学院会計研究科非常勤講師(2008年より 現任)
関西学院大学大学院経営戦略科非常勤講師(2017年より 現任)
他、日本公認会計士協会、企業等での研修講師の多数の実績